誰かあの本を知らないか

読むことについて書かれた作文ブログ。

MENU

2022-01-26から1日間の記事一覧

安丸良夫『神々の明治維新』近代日本の精神史

安丸良夫『神々の明治維新』岩波新書(1979.11.20第一刷発行) どこで読んだか忘れてしまったが、日本歴史学でもっとも論文著書が多いのは維新史らしい。 尤もだという気もする。そのなかで一番多いのは政治史だろう。そして珍しいのが本書のような精神思想史…

読書術

「読書術」こんなタイトルの記事や書籍は多い。どれも素晴らしい内容が記してあると思う。読んだことはないから思うだけではある。 早わかり、なんてのも多い。結論をはじめに言うが、人間は早わからないものである。 早くわかれば、早く忘れる。また覚えら…

村上春樹『プールサイド』残酷な肉体

村上春樹『回転木馬のデッド・ヒート』講談社(1985.10.15第一刷発行) 「プールサイド」。ひとことで言えば、ある種の身体論である。 こう書くと、何を言ったような気になるが、気のせいである。 少なくとも、本作は「論」として描かれていない。その描かれて…