誰かあの本を知らないか

読むことについて書かれた作文ブログ。

MENU

歴史

戸田欽堂『情海波瀾』はじまりの政治小説

あらすじ 成島柳北 福沢諭吉 佐倉宗五郎 長沼事件 明治14年の政変 『情海波瀾』は戸田欽堂の政治小説。 タイトルに「はじまり」とつけたのは明治文学の研究者柳田泉がそう言っているからで、筆者に定見があるわけではない。へりくつを言えば、一番とか嚆矢と…

村上春樹『タクシーに乗った男』移動の時代

久しぶりなので短いものを書く。 以前に村上春樹『タクシーに乗った男』をめぐって「共感とプラハの春」と題して書いた。書くには書いたが、タイトルにもある「タクシー」について回収していなかった。 dokusyonohito.hatenablog.com dokusyonohito.hatenabl…

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』海上の道

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』をめぐって

ディドロ、ダランベール『百科全書』明六社の解散

前回の最後に、福沢諭吉の「苦渋」と書いた。 ジャーナリストで思想家で教育者で、さまざまな肩書をもつ福沢だが、本業は学校経営者である。 念頭に、緒方洪庵とその適塾があったことは『福翁自伝』からもうかがいしれる。幕末、官軍東征の際ですら、一日も…

司馬遼太郎『歳月』小説みたいな感想

言わずと知れた江藤新平伝である。 いぜん筆者は、司馬遼太郎は時代小説家ではあるが歴史小説家ではないと書いた。 いまさら改める気はないものの、『歳月』は歴史小説に読める。 剣劇のたぐいが入ってしまうのは時代小説のお約束だから、言うだけ野暮だ。 …

大久保利謙『明六社』読み物ふうの人物紹介

明六社 明治6年にできたから明六社という。 横文字の専門家のあつまりだからと言って、妙な片仮名を使わなかったのはよかった。 この明六社が出版した雑誌を『明六雑誌』という。 「社」が「雑誌」を「出版」する草分けである。旧四六判という小冊子の体裁も…

H・G・ウェルズ『世界文化小史』世界最終戦争の顛末

〈大戦争〉 日本にとって世界大戦といえば、第二次世界大戦がまず頭に思い浮かぶが、世界史つまり西欧史では第一次世界大戦のことを言う。 英語でも、いまだに定冠詞をつけて“The Great War”〈大戦争〉と言う。 本書『世界文化小史』は、1920年に刊行された…

福沢諭吉『学問のすゝめ』第三編 パクス・ブリタニカの時代

ヴィクトリア女王の時代 一身独立して一国独立すること 第一条 独立の気力なき者は国を思うこと深切ならず 第二条 内に居て独立の地位を得ざる者は、外にありて外国人に接するときもまた独立の権義を伸ぶること能わず。 第三条 独立の気力なき者は人に依頼し…

福沢諭吉『学問のすゝめ』維新と腐敗

明治初年は文芸文学の空白地帯とされる。 それを埋めてあまりあったのが福沢諭吉『学問のすゝめ』や中村正直『西国立志伝』、他、明六社同人の啓蒙活動である。 その「実学」への偏重は、文学はともかく明治以降の「学問」のありかたを決めた。それについて…

坪内逍遥『河竹黙阿弥伝 序』歌舞伎の歴史

坪内逍遥が「新旧過渡期の回想」*1と題して、明治初年から10年あたりまでの文学の動向を、懐古的に記している。 『小説神髄』を著して、ちょっと外に類例のない実践編を含む概括的な理論書をものした逍遥だから、目配りがきいていて、全体像をつかむことに優…

仮名垣魯文『高橋阿伝夜刃譚』新聞連載のさきがけ

〈三条の教憲〉と教部省 啓蒙の時代と戯作 新聞と〈つづき物〉 高橋お伝の略歴 前回、『鳥追阿松』について書いた。これはもう、誰も読むひとがないだろうと思ったら、案外そうでもない。どこの誰が読んでいるんだろうと思えば興味は尽きないが、話も尽きな…

久保田彦作『鳥追阿松海上新話』毒婦の明治維新

解題 あらすじ 毒婦物 解放令 毒婦の明治維新 解題 解題*1を始めに。 タイトルは『とりおいおまつかいじょうしんわ』と読む。 作は久保田彦作。掲載は仮名垣魯文の『假名読新聞』に明治10年12月10日から〈つづき物〉として連載された。今では珍しくない連載…

栗本鋤雲『曉窻追錄』ナポレオンコード②

承前。今回は、司馬遼太郎の『歳月』を思い出していただけると少しは分かりやすい。前回は大河ドラマ「青天を衝け」だと言った。ドラマでも小説でもないのが歴史というものだ。騙すつもりは毛頭ない。ただ蕭然としているだけだ。 dokusyonohito.hatenablog.c…

栗本鋤雲『曉窻追錄』ナポレオンコード

大河ドラマ「青天を衝け」に出てくるらしい。栗本鋤雲である。 もちろん、と言っては何だが、観ていない。観ていないが、見聞は読者のほうが広いだろうから少し安心して書く。 先だって栗本鋤雲の『鉛筆紀聞』を読んだ。ついでに『曉窻追錄』*1を読んでいた…

服部撫松『東京新繁昌記』明治初年のベスト・セラー

明治初年のベストセラー 漢文のような漢文 『東京新繁盛記』もくじ 服部撫松略歴 売れた文体 「学校」からはじまる開化 明治初年のベストセラー 明治のはじめころ、福沢諭吉『西国事情』『世界国盡(くにづくし)』は、いわゆる洛陽の紙価を高からしめたという…

誰かこの本を知らないか【5冊紹介】時代小説ほか

文学史をたどり直そうという、まあまあだいぶ無謀な試みをしているので、かならずしもそれに含まれない本も多い。 それで思い出したように消化しきれない本を紹介する。筆者の備忘録とも言う。 今回は時代小説、ほか。 司馬遼太郎『国盗り物語』 宮城谷昌光…

ラガッシュ『狼と西洋文明』オオカミの社会史

前回の『鉛筆紀聞』でさらっと流して書いたが、 dokusyonohito.hatenablog.com 【国内法】 商人が刀剣や鉄砲を所持することはあるのか。殺人窃盗等の犯罪に関する法律。*パリ郊外において無届の銃使用の禁止のこと。 原文*1は以下のようになる。 「私に刀剣…

栗本鋤雲『鉛筆紀聞』島崎藤村の作文の先生

タイトルに漢字がおおすぎる。しかし今回、作文も漢字がおおめだ。申し訳ない。 栗本鋤雲『鉛筆紀聞』。くりもと・じょうん。えんぴつ・きぶん。と訓む。前回の作文で「栗本鋤雲」と引用して言い忘れた。藤村の、作文の先生である。 dokusyonohito.hatenablo…

ヴェルヌ『八十日間世界一周』時間の旅行

一気呵成に読むがいい。そんな小説である。科学小説の祖で、児童文学の傑作。世界じゅうでどれほどの人がそれぞれの言語で読んだか知れない古典的名作。いっぽうで、フランス植民地主義・帝国主義の思想が反映していて、資本主義経済観念の、権化、のように…

安丸良夫『神々の明治維新』近代日本の精神史

安丸良夫『神々の明治維新』岩波新書(1979.11.20第一刷発行) どこで読んだか忘れてしまったが、日本歴史学でもっとも論文著書が多いのは維新史らしい。 尤もだという気もする。そのなかで一番多いのは政治史だろう。そして珍しいのが本書のような精神思想史…

佐藤賢一『カペー朝』『ヴァロア朝』『ブルボン朝』子供の読書

佐藤賢一『カペー朝』『ヴァロア朝』『ブルボン朝』講談社現代新書 どんな作品、著作であれ、まずは読者がいなければ話にならない。これは筆者の考えである。もちろん、どちらが、偉い、という話ではない。お客ではあっても、神仏のたぐいでは、まるでない。…

竹田いさみ『世界史をつくった海賊』帝国の曙

竹田いさみ『世界史をつくった海賊』ちくま新書(2011.2.10第一刷発行) 題目に「海賊」と書いてみて、なんだか面映ゆい。有名な漫画がちらついて、いたたまれない。気にしすぎか。

高木俊輔『維新史の再発掘ー相楽総三と埋もれた草莽たちー』敗者の歴史

高木俊輔『維新史の再発掘ー相楽総三と埋もれた草莽たちー』NHKブックス(昭和45年3月20日第一刷発行) 誰だって負け組にはなりたくない。この、「誰だって」という世界を私たちは生きている。辛いことだ。

田中彰『明治維新と西欧文明』可能性の文体

明治5年(1871)12月23日、岩倉具視を全権大使とした一行が横浜を発っている。 本書は、この岩倉使節団の報告書である『特命全権大使米欧回覧実記』(以下、『回覧実記』)を中心に、若き明治政府の要人たちが遭遇した〈西欧文明〉が何であったかを説いたもの…

ツヴァイク『人類の星の時間』まばゆさの近代

シュテファン・ツヴァイク 片山敏彦訳『人類の星の時間』みすず書房(1996.9.30第一刷発行) 今となっては想像もつかないことかもしれない。 <近代>がきらびやかで、目も眩むほどまばゆく、洋々たる前途を望ませた時代が存在する。

伊藤潔『台湾』親日と反日

伊藤潔『台湾』中公新書(1993年8月25日初版) 大航海時代に「発見」されたことで台湾の歴史は、はじまる。

ドナルド・キーン『明治天皇』老獪な韜晦

ドナルド・キーン『明治天皇』全4巻 新潮文庫(平成19年3月1日発行) ドナルド・キーン『明治天皇』全4巻 新潮文庫(平成19年3月1日発行) 老獪ともいえる韜晦を含んだ、読み応えのある本である。